新築戸建てのカーテン事情!わが家がニトリで買わなかった理由

nitori-curtain

新築戸建てを購入した際に悩んだことのひとつがカーテン選びです。

ニトリのオーダーカーテンを始め、いろいろなカーテンを見て悩んだ結果、専門店でのオーダーカーテンを選びました。今回はなぜニトリのカーテンをやめたのか、なぜ専門店を選んだのか、総額でいくらかかったのかについて紹介したいと思います。

カーテン設置【11カ所】必要だったわが家

わが家にはカーテンの必要な窓が11カ所ありました。そして、すべてにレースのカーテンと厚手のカーテン(ドレープカーテン)の取り付けを考えていました。

この11カ所の窓すべてにレースとドレープカーテンを付けた場合、費用はどのくらいになるのかを調べるべく、ニトリでオーダーすることを想定して見積もりを出してみました。

デザインはおいといて、とにかく安いカーテンを買った場合カーテン代だけで6万円くらいになります。そしてレール代金が2万円くらい。レールの取り付け費用が11カ所で1万5千円ほどで、総額10万円ほどかかることが分かりました。

このレールの取り付けですが、実は自分でやっている方も少なくありません。そのため、もともとDIYが好きという方はこの費用を節約することができます。けれどわが家はニトリでカーテンをオーダーすることはありませんでした。その理由は後ほどご紹介したいと思います。

選んだのはカーテン専門店でのオーダーメイド

money

最終的にわが家はカーテン専門店にてオーダーメイドでカーテンをつくることにしました。

カーテン代だけで15万円。レール代が4万3千円。ふさかけ代含め合計20万円の支払いになり完全に予算オーバーでした。でもカーテンについて調べに調べ、いろんな店舗をめぐって自分の目で確認し、最終的に「これだ」と決めたことなので後悔はしていません。

カーテン専門店のカーテンにした理由

image

なぜカーテン専門店でのオーダーメイドにしたのか、それには理由があります。

生地が上質

口コミで「良いぞ」という個人経営のカーテン専門店を訪れたときに感じたのは「ああ、カーテン屋さんのカーテンはやっぱりいいなぁ」というものでした。

私はそれほどインテリアにこだわりがないのですが、それでも触り心地やデザインの豊富さといった点でほかのお店に勝っていると感じました。それにレースもドレープも取り付けも一括で頼めば多少値引きしてくれるだとういう魂胆もありました。

お気に入りの柄が見つかった

「どんな感じのをお探しですか?」と聞かれたときに「ナチュラルで、でもちょっとデザインが凝ってて雰囲気のあるもの」と、超アバウトに返したところ、紹介してくれたのが横ボーダーのドレープカーテンでした。

あまりに気に入り、その時点で即決。カーテンを探しにくるお客さんを毎日相手にしていると「どんなカーテンが欲しいのか」が瞬時に分かるようになるのでしょうか。プロの力を感じました。

レールの取り付け費用がかからなかった

最初は費用が高いので「むむむ……」となったんですが、カーテンを頼めばカーテンレールの施工費がかからないことが分かりました。

値引き交渉ができた

見積もりを出してもらったうえで、かなり予算オーバーしていたので「もうちょっとなんとかなりませんか」とねばり続けました。

すると若干ですがお店のご厚意でお値引きしてもらうことができました。こうした値引きはチェーン店などでは難しいと思います。値引きができるのは個人経営の良いところかもしれません。

相談がしやすかった

今回選んだカーテン屋さんはご家族で経営されているようでした。ご主人からはレールの取り付け、カーテン設置、ロールカーテン(後述)のやり方・注意点、今後のカーテンのメンテナンスなどの説明があり「カーテン愛」を強く感じることができました。

設置後も「なんかあったらきますんで、いつでもいってくださいね」と言ってもらえ、今後も気軽に相談しやすいのが良いなと思いました。

ニトリのオーダーカーテンを選ばなかった理由

nitori-curtain

当初、わが家では「カーテンならニトリがいいよね、価格も手ごろだし、たくさんありそうだし」と意見が一致していました。けれど下記の点でニトリを候補から外すことになりました。

好きな柄がない

実際に店舗に足を運んだことで分かったのは「意外と種類がない」ということです。好きな柄やデザインが見つからず「こんなにないもんか~」とがっかりしてしまいました。

妥協できる柄がない

こだわりがそんなに強くないほうだと思っていたのですが「これなら良いか」と思える柄・デザインもなかった…!

私よりさらにこだわりのない夫も「色は良いんだけど柄が…」「柄は良いんだけど色が…」と呪文のように繰り返していました。

思ったほど安くない

費用面でかなり期待していたのですが、カーテンの種類次第では専門店と総額が変わらないものもあり、思ったほど安くカーテンを設置できないことが分かりました。

ならば、とことんお気に入りのカーテンを見つけたい! と軌道修正がはいりニトリを候補から外すことにしました。

カーテンレールの設置費用については「業者さんによってはタダで付けてくれるところもあるよ~」という声をまわりの人から聞いていたこともあって、取り付け費用がかかってしまうニトリに対し「ここはかかるんだな」という意識もありました。

上のような点を踏まえ、総合的に「ニトリはない方向で…」となりました。ニトリのカーテンレールの取り付け料金については「カーテンレールの取り付けは有料」記事で詳しく書いてます。

「ひもを引いておろす」ロールカーテンの導入

わが家では当初、予定になかったロールカーテンも導入することにしました。それは専門店での打ち合わせの最中、ご主人に「1階の腰高窓2カ所はドレープカーテンをロールカーテンにしては?」と提案されたからです。

「いや、予算がないので」と答えたら「レースとドレープのダブルカーテンにするんだよね? だったら結局値段は変わらないよ」といわれ、導入してみることにしました。

実際のロールカーテンはどんな動きをするのかをちょっとご説明すると、まずひもをひっぱります。

takahashi-curtain

上に重なり合っていたカーテンがおりてきて、こうなります。

takahashi-curtain

全部ドレープをおろさずに、途中で止めることもできます。

takahashi-curtain

このロールカーテン、付けてみて思ったのは「部屋の見栄えが良くなる」ことです。はっきりいうと「お金持ちっぽさ」が出るような気がします。そこがロールカーテンの魅力だと思います(なんだそら)。

まとめ

わが家がニトリのオーダーカーテンを選ばず、専門店のオーダーカーテンを選んだ理由をご紹介しました。

とはいっても安く、質良く、お気に入りのカーテンが見つかるのがベストだと思います。いろんなカーテンとふれあって「わが家ベスト!」なカーテンをぜひ探してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 井口 より:

    カーテンの購入を検討している者です。
    写真のロールカーテン、とても素敵だなぁと思いました!差し支えなければ教えて頂きたいのですが、どこのカーテンでしょうか。

    • YASU より:

      コメント、ありがとうございます。
      購入したのは、ハシモトヤテキスタイルという横浜、川崎、東京の一部に出張サービスをおこなっているカーテン屋さんです。

      カーテンの生地の品名はわからないのですが、ロールカーテンはチェーン式のシングルシェードドレープで、こちらの品名は「KSA-3011」となります。

      とてもよくしていただいたお店なので、参考にしていただけるとうれしいです。良いカーテンと巡りあえるといいですね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です