【掃除機】日立パワーブーストサイクロンに買い替えたので口コミ&レビュー

hitachi-CV-SC700

7年前に買った掃除機の吸い込みが非常に悪くなったので、日立パワーブーストサイクロンという名の掃除機に買い替えました。購入先はノジマオンラインです。

1週間使ってみた感想をお伝えします。

日立パワーブーストサイクロンCV-SC700の特徴

hitachi-CV-SC700

日立 サイクロン式クリーナー 「パワーブーストサイクロン」CV-SC700-Rは強い吸引力と本体の軽さ(3.6kg)が特徴的です。これは家電量販店でいろんな機種をお試し操作してみたことでもはっきりしていました。

「ジェット吸引スマートヘッド」という機能を搭載しており、新しい空気の流れを発生させる「ジェット吸引機構」にすることで、強い吸引力と軽い操作性を実現したそう。

吸込仕事率は430Wと、同じ価格帯の掃除機の中ではだんとつで、このパワーが軽さと同じく購入の決め手になりました。ボディカラーは、ディープレッド、ディープシャンパンの2色展開。わが家はディープレッドを選びました。

吸引力に問題なし! 1日おきに掃除しても「ゴミがとれる」

hitachi-CV-SC700

この掃除機は掃除している最中も「よく吸い込むな~」と実感できるパワーがあります。ヘッド部分はほかのものより少し大きめなので、広い面積も短時間で掃除機をかけることができました。

さらに「パワーはあるのに軽い」というのが、掃除嫌いな私にはうってつけで、軽いおかげで「掃除機がけ」が億劫になりません。ある程度、自分の力ですいすい動いてくれるので二の腕の負荷がほぼなく、とても掃除がしやすかったです。

また、溜まったゴミはワンタッチでぽいっと捨てられるのでこちらも快適。ただ、ゴミの溜まるスペースが小さいので、2回に1回はゴミ捨てが必要です(本来は1回1回すべきなのですが)。

付属ブラシでほこりとり(平面よりカーブ面がよくとれる)

hitachi-CV-SC700

付属でついてくるブラシで、窓のさっしなどのゴミをとることができます。また、棚の上や窓のカーテン枠などのほこり掃除も可能。ブラシ部分の角度を調整できるので、高く持ち上げてエアコンの天井に向いている面、普段は目にすることのない上面のほこりもとることができます。

ただ、パワーを最強にしても弱にしても、吸い込むほこりの量はたいした違いがないように感じます。吸引力でほこりを吸っているというより、密なブラシでほこりを払い、微力ながらほこりも吸っている感じ。なので、ほこりを吸うというよりは、ほこりをブラシで払いながら床に落とす感覚のほうがしっくりきました。

ただ、ほこりがよくとれる場所もありました。それが、ランプシェードです。こちらのカーブ面のほこりはよく吸い込んでいました!

hitachi-CV-SC700

ほこりが見違えるようになくなっていったので、快感です。もっとやりたくなりました……!

意外とうれしい「コード長め」「持ち手2ヶ所」

以前から2階の各部屋に掃除機をかけるとき、部屋ごとにコンセントをさしなおすのが億劫だった私は「これ以上伸びないから、あっちの部屋はまた今度」と適当にすませていたことがありました。

でもブーストサイクロンはコードが長めなので、2~3部屋がひとつのコンセントにつなぎっぱなしでできるようになり、掃除機嫌いの私も掃除残しをしなくなりました。

それから掃除機本体を持ち上げる「持ち手」が2ヶ所あるのも特徴的です。

hitachi-CV-SC700

本来の持ち手と、本体上部にも持ち手があります。「さあ、2階へいくか」というときや、階段を掃除するときなど、さっと持ち上げたい場面に便利でした。

コードのばしでひっくり返りそうになるのが難点

hitachi-CV-SC700

唯一のデメリットは「さあ、掃除すっか!」とコードを伸ばそうとすると、本体が軽すぎてひっくり返るところでしょうか。

以前に使っていた掃除機は本体が重かったのでそんなこともなかったのです。そのため、コードを引き出すときは片足で本体をふんづけながら引き出します。

男前な気分になります。

値下がりを待って買うのもおすすめ

55H

購入してから2週間たっていなかったのに8,000円も値下がりしていることを知ったときはショックでした…! 掃除機としては安くない価格帯なので、新型がでるタイミングでの値下がりを待ってから買うのもいいかもしれません。

とはいったものの2018年6月現時点でこちらの商品は在庫切れ。すでに販売されていませんでした…!

ちなみに、オンラインショップでは配送と同時に「1000~2000円で古い掃除機を処分もするよ」なんてサービスもありますが、粗大ごみとして捨てれば横浜市の場合、200円程度ですみます。

粗大ごみのセンターなどに電話して処分の日程などを調整する必要がありますが、粗大ごみの券はコンビニで手に入りますし、ほとんど手間いらず。節約できるところは節約してもいいかもしれません。

掃除機も日々進化しているんですね…!

ここ最近の掃除機ランキングはこちらからチェックしてみてください。

↓   ↓   ↓

楽天ランキング1位の掃除機はこちら

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です