電力自由化で契約会社を「LOOOPでんき」に変えようか迷っている話

278H

タイトル通りのお話です。価格.comというサイトで現在契約している電力会社の使用量や使用料金を入力すると「他の会社に乗り換えるとこんな感じになるよ!」というシュミレーションがあるのでやってみたところ、わが家は7000円ほどお安くなることがわかりました。

電力自由化は2016年4月よりスタート

photo-1447678523326-1360892abab8

聞いたことあるような、ないような記憶のあった「電力自由化」。今月から始まっていたんですね。そういえば東京電力じゃない電力会社のCMを何度も見ていたような気がします。でも「わが家もさっそく変えてみるか」という気持ちはまったく持っていなかったです。それが仕事の関係で「おお、自由化したのか」と気付き、シュミレーションしてみたらお得になるようだったので興味を持ちました。

電力会社を変えたら「質」「量」「万が一」のときどうなる?

photo-1442115597578-2d0fb2413734

電力会社を変えることで、今より悪い状態になったら困る。最初にそれが気になりました。たとえば

「電気の質が落ちたりしない?」
「停電になったとき、復旧が遅れたりしない?」
「新たに何か設置するなら、その費用は?」
「契約したとたんに料金を値上げしたりしない?」

どんどん疑問がふくれがあってくるのでこのへんにして、ネット上だけの情報になりますがこの疑問を解決できているのかを調べてみました。

電力自由化のデメリットはほぼゼロ?

268H

結果、電力会社を変えてもこれまでとなんら変わらないことが判明しました。変わるのは「電気料金が減る」ことだけ。引継ぎも新しく契約する会社に申し込むだけ、電気を送る設備などはこれまでと変わらないものなので電気の質が落ちることもなく、停電の場合も地域の電力会社がバックアップをおこなうので心配ないようです。

電気代が高くなるリスクは正直あるだろうなぁと思いました。ただ同じようにして値上がりしてしまった外国の事例をうけて、規制しながらも自由料金をもうけるなど、消費者の負担が大きくなるだけという流れにならないよう考慮されているようです。

新電力会社もきちんとした国の審査をうけて販売しており、万が一会社が倒産しても地域の電力会社が電気を供給するように義務付けられているそうです。

ちなみに電力自由化のメリット・デメリットについてはこちらの記事(↓)がとても参考になりました!
ついに始まる電力自由化。どんなメリット・デメリットがあるの?

電気料金が最もお得になる「LOOOP」への切り替え

F100008278

LOOOPでんき」は新電力会社のひとつで、基本料が0円、従量料金が一律26.00円のシンプルプラン。シュミレーションの結果、こちらの会社へ切り替えで年間7,000円ほどお得になることがわかりました。

加入条件は5月31日までの申込み。それまでに申し込んだ人だけ基本料が0円になるようです。さらにうれしいのは解約時に解約金を支払う必要がないところ。スマートメーターという新しい電力量計の設置が必要になるようですが、こちらは一般送配電事業者が無料でおこなってくれるそうです。

基本料金が0円なので、たとえば別荘など普段使わない家や場所を持っている人は、使用しないときは基本料金の支払いなく、お金がかからないのでお得ですよね。

ただ、とてもシンプルでお得ということで「LOOOP」に切り替える人が多いのか、人手が足りてないのか、申込み後の連絡がとどこおっており心配している、という声も多いようです。

結局どうする?

photo-1433162653888-a571db5ccccf

いろいろ調べてみて、電力会社の切り替えは今すぐ…… って考えるとまだいいかなぁと思うけど、いずれ(半年以内)切り替えたいなぁという感じになりました(そのころにはLOOOPの基本料金0円が終わってしまってるかもしれませんが)。

電力会社はたくさんあるし、各社お得なキャンペーンを続々始めるかもしれませんね。実際に切り替えたときにはまたご紹介したいと思います!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です