駅から遠い!「不便」な場所に家を買っても慣れるもの?

dacyou

わが家はとても立地の悪いところに家をかまえました。なんと、最寄駅までは徒歩30分かかります……。

なぜ、そこに家を買ったのか、住んでみたらその不便さにどう慣れていくのか、感じたことをお伝えします!

お店も病院も駅も徒歩圏「外」

tour

「最寄駅はどこ?」と聞かれると、はたして最寄駅と考えていいのか迷うほど、遠いところに家をたててしまったわが家。そのため、駅を使うことはほぼなく、自宅から3分のバス停から大きな街にでてしまった方が話が早いです。

また、スーパーが徒歩圏内になく、私は車が運転できません。そのため、買い物は夫とともに週末の車移動でまとめ買い。今は電動自転車があるので、食料が底をつきたときには自転車で10分のところにある小さなスーパーで買ってきます。

とにかく徒歩圏内で行けるのはコンビニくらいで、とても不便なところなのです。なのになぜここに家を建てたのか……。その理由を考えたら、ある結論に達しました。

自転車好きだし、たぶん、大丈夫

tree

徒歩で生活するには不便な場所になぜ家を建てたのか、それは「まあ、このくらいならいけるでしょ」という、ゆるすぎる考え方のせいです。

夫は車通勤なのでお店の遠い、近いはさほど気にならないようでしたが、普段家にいる私を心配してか「スーパーとか遠いけど、大丈夫?」との声も。でも、私には「たぶん大丈夫だろう」という根拠のない自信がありました。

もともと自転車に乗るのが好きで、ママ友に「この前ね、あのスーパーまで自転車でいったときにね…」と話し始めても「え、ちょっとまって、どこのスーパー? えっ、あそこまでいったの……?」と引かれるくらい、長距離移動してしまう私。

たいていの人が感じる「遠さ」を、そこまで遠く感じないのです。駅1~2つ分くらいの場所は自転車でいけると確信していました。そんな安易さ(笑)が、不便な土地に家を買わせてしまったわけです(予算も範囲内だったんですよねぇ……)。

実際買ってみて「不便さ」は変わった?

foot

困るのはやっぱり雨の日です。晴れていればなんてことはない買い物が必要な日でも、雨の日はとりやめるか、レインコートを着て自転車を走らせなければならず、危ないし結局ずぶぬれになります。

ただ、それ以外の自転車移動は「めんどくさいな~」「遠いな~」と思うこともなく、当たり前のように「あそこまで○分かかるから、余裕もって○分には家を出るか」と思うだけになりました。

また、子どもの通う小学校、中学校、学童、公園などが家の近くにあったことも大きかったです。こうした機関は家から遠いと心配です。立地の優先度として、子どもに関することの方が高かったように思います。

それから、わが家の住んでいる周辺はバスの運行が盛んです。自宅近くのバス停も、1時間に4~5本のバスがきます。乗るバスによりますが15~20分程度で大きな街にでられるので、雨の日でも出かけることができます。その点も不便さを感じない要因になっているのかもしれません。

おじいちゃん・おばあちゃんになったらどうする?

oba

先日、友人がマンションを買ったというので遊びにいったら、駅から徒歩5分の近さに驚きました! 5分で家につくなんて奇跡だ……!

将来自分がおじいちゃん、おばあちゃんになったら車移動だとしても家のまわりにいろんなものがある、立地のいい場所に住んだ方が安心かな…… と思いました。ある程度までは「慣れ」で解決できても、年をへるごとに許容範囲がせばまってくると思うので「何でもある駅の近くの家」にこだわる必要もでてくるかもしれません。

家のことは、40歳過ぎたら老後のことも考えよう! と思っていますヾ(o´∀`o)ノ

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です