2017年ガスの自由化!節約求め、どこが安いか比較してみた。

2016年4月の電力自由化に続き、2017年4月よりガスの小売りが全面的に自由化されたそうです。電気のときには東京電力から「LOOOPでんき」という電力会社へとのりかえたわが家。都市ガス自由化の波にのって、ガスもまたのりかえようかと思い、いろいろ調べてみることにしました。

 あなたのおうちは何ガスですか?

ひとくちにガスといっても、家庭によって使っているガスの種類が異なります。調べてみるとガスには3つの種類があるようです。そのひとつがガス管からガスを供給する「都市ガス」といわれるものです。この都市ガス供給先の大手が東京ガス、大阪ガスといったところ。わが家も今は東京ガスと契約しています。

これ以外に団地などの集合住宅で供給する「簡易ガス」、LPガスというボンベから供給する「LPガス」というものがあります。LPガスは都市ガスより料金が高く「都市ガスが使えないからLPガスで」など地域的な問題でLPガスにしている人も多いようです。このLPガスはもともと自由化されているようですね。

 ガス自由化でできること

ガス自由化が消費者にもたらすメリットは、自宅の環境や家族状況に合わせたプランや料金メニューを自由に選ぶことで料金の節約が期待できるところです。電気とガスの会社を合わせることでさらなるセット割引が適用されたり、これから新たなサービスが登場する可能性もあります。

これまで都市ガスを自宅で使ってきた人はガス会社を変えたとしても、新たにやらなければいけないことがないのもメリット。これまで使ってきたガス管を使うので、新しくガス管を敷くこともないようです。ただ、都市ガス以外のガスを使ってきた場合は、都市ガスにのりかえることでガス管の設置が必要になる場合があります。

ガス自由化でガス会社が変わってもその品質に変わりはなく、ガス漏れした場合や緊急時の対応も変更前と変わらないそうです。こうした点が事前にわかっていると安心できますね。

 のりかえたら、どのくらい節約できる?

わが家のガス代は大体1ヶ月4~5000円程度。ガス会社を変えた場合、どのくらい安くなるかをガス料金比較サイトでチェックしてみました。

その結果がこちらです。

上記は1年間の節約額です。電力と比べると毎月の料金が少ない分、節約額も少ない印象…。まだガスの自由化はスタートしたばかりで新規参入組も増えそうだし、サービスの内容も変更になることが考えられるのでここ半年くらいは様子をみてみようと思います。

でも、比較するのって楽しいです。今回の比較で具体的に節約できる額がわかったので、変更の参考のひとつにしたいと思います。気になったかたはぜひ、チェックしてみてください~!

参考:東京ガス経済産業省 資源エネルギー庁

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です