新築戸建てオプションで階段下に「引き戸」をつけた結果【写真あり】

hikido

わが家は新築で家を建てる際、2階へ続く階段に引き戸をオプションでつけました。↑左の写真が引き戸をしめたところ、右があけた状態です。

この引き戸をオプションでつけた理由と、実際につけてみてどうだったかをご紹介します。

階段下に引き戸をオプションでつけた理由

kaidan

もともと、この場所に引き戸はありませんでした。リビングを通らなければ2階に行けないタイプの間取りになっていたのですが、当初から夫婦の間で「戸をつけないと、冬とか暖房が2階に逃げて、寒くなるかもね」(夏は冷房が効きにくい)という意見があがっていました。

この悩みを建築会社さんでコーディネーターの方に相談すると「暖房は、むしろ1階も2階も空気があったまるように統一したほうが、寒暖の差にびっくりすることもないし、電気代もさほどかからないですよ」といわれました。

そのときには「ほうほう。そういうものか」と思ったのですが、部屋の温度が一定になるまで時間がかかるし(早く部屋をあっためたい)、2階は今のところ寝るときに使っているだけなので温度を気にしない、とのことで「引き戸をつける」というオプションを考え始めました。

「引き戸」のオプション料金は3万円

kaidan-2

「引き戸をつけるとしたら、おいくらくらいでしょうか?」と建築会社さんにたずねると「3万くらいですね」とのこと。ただ、引き戸を1階につけると2階からおりてくるときに、天井部分が狭くなるので違和感を感じるかもしれない、とのこと。

正直、住みはじめは違和感を感じました! 引き戸がしまっている状態で2階からおりてくるときは、階段2段目くらいで、かがんで取っ手を右に引く、という行為に違和感がありました(笑)……でも、慣れます。

むしろ、「やっぱりつけて良かった!」と思うのは冷暖房のまわりが早いこと。これに突きます。引き戸をつけた場合と、つけなかった場合の電気代比較はできませんが、効きが悪いと設定温度を下げる機会も多くなったと思うので、引き戸をつけた方が電気代は安そうだな~と個人的には思います。

引き戸をつけて、面倒だと感じること

oji

完全に家の間取りや、私のずぼら具合によるのですが洗濯が終わって、洗濯物を干しに2階へあがる際、いちいち引き戸をあけたりしめたりするのが面倒です。

これは冷暖房をいれている時期、さらに2階にあがる階段がリビングにある間取りの家だけに限定されるかもしれませんが、両手がふさがっているときは思わず引き戸を足であけることも……(子どもに見せられん)。

そのくらいが面倒だな~と感じるところです。

義姉夫婦の意見を参考に

3階建て、リビングに階段のある義姉夫婦の家も、当初は階段部分に戸がありませんでした。素早く行き来できるメリットはあったようですが、やはり冬場は暖房のあたたかい空気が上へ、上へと逃げてしまい、寒さがこたえたようです。

スライド式の引き戸を後から設置したところ、やはり冷暖房の効きが目に見えて良くなったようです。この話を事前に聞いていたのも引き戸をオプションでつける大きな理由のひとつでした!

義姉夫婦のように、あとから不具合を修正することもできますが、建築会社に頼んで設置してもらったほうが安くすむ場合もあります。提案されなければ気づかないことも多くあるので、家を買う前に、戸建てに住むいろんな人の意見を聞いてみるのもいいと思います!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です