おすすめ個人賠償責任保険は「火災保険の特約」がいい!家族全員分で安心

kojinbaisyou-1

子どもが自転車に乗るようになりました。そこで「子どもが誰かにケガを負わせたり、ひとさまの物を壊したときのため」に、家を購入した際にはいった火災保険の特約として「個人賠償」をつけることにしました!

「個人賠償」は家の火災保険の特約でつけるとお得

kojinbaisyou-2

最初、私と子どもがすでにはいっている保険会社で「個人賠償責任保険」を特約でつけたそうと思いました。でも、確認してみると「自転車にのっていて、誰かにケガをさせた時にしかつかない特約です」といわれ、「自転車の事故でしか適用されないんじゃ、意味ないかな」とやめに。

家を購入した際に加入した火災保険の会社で「個人賠償責任保険」が特約でつけられたことを思いだし、担当の営業マンに相談すると保障内容と金額を教えてくれたので、検討の結果、特約をつけることになりました。

火災保険の特約で「個人賠償責任保険」をつけた理由

kojinbaisyou-3

単刀直入に説明すると

・保険のきく想定範囲がひろかった

・保険金額が安い

・自動的に家族全員に「個人賠償責任保険」がつく

この3点が決め手でした。

「保険のきく想定範囲がひろい」とは、自転車にのっている時だけでなく、日常生活の中で偶然に他人に何らかの障害を与えてしまったり、他人の物を壊してしまったり…… というシーンも含まれていたこと。こういうことって、これから先少なくないはず…… と思えたからです。

「個人賠償責任保険」はたいてい1ヶ月数百円からあるようですが、火災保険の特約の場合、火災保険が適用している間ずっと個人賠償もつきます。ということは、少なくても30年以上はずっとつけたままでいられることになり、その金額が総額で15,000円程度と割安だったことも決めてになりました。

しかも、わが家が契約している火災保険の「個人賠償責任保険」は契約者・配偶者・子どもと、同居している家族全員に適用されるというのも大きなポイントに。私もよく自転車に乗るので、誰かにケガをさせてしまう可能性はゼロじゃないはず。自分もはいることができたので、とても安心できました!

加入済み保険の「特約」としてつけられないか検討する

kojinbaisyou-4

まずは、すでに何らかの保険にはいられている方が多いと思うので、その保険会社のサービスに「個人賠償責任保険」がないか、調べてみるといいですね。

金額や内容を確認して「いまいちだなぁ」と思ったら、火災保険の特約も調べてみると「個人賠償責任保険」があるかもしれません! なぜだか、とってもお得に特約をつけることができたので、候補のひとつとして考えてみるのもありかと思います!

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です