国民年金はクレジットカードで2年前納が最終的にお得かも。

私、夫の扶養から抜け出て国民年金を払っています。払う税金の多さに震えていますが、自分でも稼いでいるわけだし、日本に住んでいる以上仕方なし! ということで、少しでも税金をおさめる額を少なくしようと思います。

国民年金は前納するとかなりお得

国民年金は第1号被保険者が支払います。保険料は1ヶ月16,260円です。国民年金には「国民年金前納割引制度」というものがあり、

  • 2年前納(4月~翌々年3月分)
  • 1年前納(4月~翌年3月分)
  • 6カ月前納(4月~9月分、10月~翌年3月分)

参照:日本年金機構(http://www.nenkin.go.jp/)

などに分けられています。

まとめて前払いすることで割引が適用されるのですが、その額は通常で支払うよりも2年前納の場合15,690円、1年前納の場合は4,090円ほどお得になります。1年よりも2年前納したほうが断然お得です。ただし、これは口座振替の前納による金額なのでクレジットカードで2年前納する場合は約15,000円ほどになるようです。

平成29年度分の前納締め切り日は平成29年2月28日となっていることを知り「あれ、間に合うかな?」とあせりながら申請方法について調べてみました。

管轄の年金事務所に電話してみた

「さぁ、国民年金2年分をクレジットカードで前納するぞ!」という決心がかたまったものの、日本年金機構のHP上にはクレジットカードで支払う場合「管轄の年金事務所へお問い合わせを」とだけしか書いていなかったので、自分が住んでいる地域の管轄の年金事務所に電話をしてみました。

すんなり応答してくれたお姉さんに事情を説明すると「では今から申請書類をご自宅へお送りしますね。ただ書類申請の期限が2月末までなので、なるべく早めに送ってください」とのこと。そのお姉さん、書類をなんと速達で送ってくれました(電話の翌日着)。

この心意気に応えねば! と私もすぐにクレジットカードの内容と必要事項を書類に記載しポスト投函。このままスムーズに書類が通れば、平成29年4月分~平成31年3月までの2年分の国民年金が一度にクレジットカードから引き落とされることになります。

クレジットカードの利用限度額に注意

国民年金2年分をクレジットカードで前納する場合、注意することがあります。それが利用限度額です。「一気に高額が引き落とされますので、ご注意ください」と年金事務所のお姉さんが教えてくれました。こりゃいかん! ということでクレジットカードの利用限度額を確認。

… 大丈夫そうだ。

気をつけなければいけないのは限度額が「月々の利用上限」ではないところ。詳しく説明すると、今現在「引き落とされるのを待っている金額の上限」なんだそうな。たとえば利用限度額を30万円に設定していて、1月に20万使った。今はもう2月だから、また30万円まで使えるぜ! というわけではなく、まだ1月の20万円が引き落とされていない場合、あと10万円しか使えない… ということになるようです(初めて知りました)。

ポイントの付与を狙ってせっかくクレジットカードの前納を申し込んだのに限度額いっぱいのままだったら苦労が水の泡…。今年は間に合わなくても、来年以降利用を考えている方などは、気をつけてくださいね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です