シャッター窓は必要だった!後付け4年目で感じたメリット・デメリット

old_house_free_photo-690x457

窓シャッターを後付けしようか考えているけれど「防犯対策になるのか」「台風対策になるのか」「他に何か効果はあるのか」が気になっている、という人はいないでしょうか。

今回は後付けして4年目の実体験から感じた窓シャッターのメリット・デメリットを価格や取り付け費用含めご紹介していきましょう。

窓シャッターとは?

2015-12-23 08.19.42

窓シャッターはアルミやスチールの羽根を上下させて開閉するものです。羽根、支えのガイドレール、羽根を収納するケースなどでできています。戸板を戸袋に収納するタイプの引き違い雨戸と違い、使わないときは上部のシャッターケースに収納できるので見た目もすっきりするところが特徴的です。

窓シャッターの必要性とは?

2015-12-23 08.19.36

戸建てを購入する際、1階部分にはすべて付いていた窓シャッターが2階には付いていませんでした。私はそれまでマンションにしか住んだことがなかったので何とも思っていませんでしたが、戸建てに住んでいた経験のある夫は「窓シャッターは絶対必要」とのことで2階部分に窓シャッターを後付けしてもらうことにしました。

結果、お金をかけて窓シャッターを付けて「良かった」と思います。巷でよくいわれている窓シャッターのメリット・デメリットを踏まえ、実際はどうだったのかを次から紹介していきます。

窓シャッターを付けて感じたメリット

でわが家が窓シャッターを付けて「これは良い!」と効果を感じた順にメリットを紹介していきましょう。

ガラス窓の保護になる

わが家は2階の窓にシャッターを後付けしました。付けて良かったと最も感じるのは「台風」がきたときです。2階で寝ていると強風が吹いて外で物が倒れる音やバサバサと木々がしなる音が怖く、何かが窓にぶつかってくるんじゃないかと不安でした。

けれどシャッターを付けていることが「窓は割れない。大丈夫」と安心材料になり、恐怖心がやわらぎました。イメージ的には魔法でバリアをはってもらっているような感覚です。

暑さ、寒さ対策になる

夏、西日にさらされる2階は夜になっても窓からはいった熱が室内にこもりサウナ状態になります。でも窓シャッターをおろしていると太陽の熱をシャッターが受け止めてくれるので熱がそこまで室内に侵入しません。

また真冬もシャッターをしないで外出した日はきんきんに部屋が冷えますが、シャッターをおろして出かけると外出前の部屋のあたたかさが薄まったような感じで底冷えすることがなかったです。

防音効果がある

わが家のお隣さんはかなり元気。ときどき家族でケンカしている声が聞こえてきます。窓を閉めていてもうっすらと声が聞こえるので「聞いちゃうのも悪いな…」とシャッターをおろすと不思議と聞こえなくなります。

この出来事により「シャッターって防音効果もあるんだな~」としみじみ実感しました。

ちょっとだけ防犯対策になる

窓シャッターは防犯対策になるという人もいますが、これについては分かりません。ただ今のところ空き巣被害にあったことはありません。

昼間にシャッターをおろしていると留守だと知らせているようなものだから結局防犯の意味はない、という人もいます。でも普通の窓よりシャッターがあったほうが犯行に時間がかかるはずですよね。家に侵入するのが難しいと思わせるためにも私は2階も含め窓シャッターがあったほうが少しは防犯になるんじゃないのかな~という気がしています。

窓にシャッターを付けて感じたデメリット

ここからは窓シャッターを付けて「ここはダメだな」と感じたことを紹介していきます。

風が強い日はバタバタうるさい

強風や台風の日に感じるのはシャッターがバタバタと音をたててうるさいことです。シャッターを付け始めてすぐのころは寝ているときにこのバタバタ音で起こされてしまいました。ただ、4年目の今は耳が慣れたのか起きることはありません。

開閉が面倒

わが家の窓シャッターは全部で8つあります。朝起きるとすべてのシャッターを手動で開けなければならないのでちょっと面倒くさいな~と思うことがあります。夕方に日が落ちたときもすべての部屋のシャッターを閉めるのですが、これもまた面倒くさい。夫が家にいるときはなんとなくどちらが閉めたくないのでお互いの気配を消し合っています(笑)。

開閉時の音がうるさい

なんの気なしに開けるとガラガラガラっ! とものすごい音がします。そのため朝にシャッターを開けるときはゆっくりゆっくり下から上に向かって手を動かし、なるべく音が出ないように開けています。それでもシャリシャリシャリ… という音はしてしまうので開閉の時間には注意するようにしています。

窓シャッターの価格と取り付け費用は?

violet_flowers_free_photo1-690x457

建築会社さんに窓シャッターの増設をお願いしたところかかった費用は1カ所4~5万円程度で、取り付け費用はかかりませんでした(シャッター代に含まれていたのかもしれません)。腰高窓も掃き出し窓(出入りできる大きな窓)もシャッター費用はあまり変わりなかったです。

窓シャッターは住んでしばらくしてから後付けする場合と、家を購入するときに建築会社さんにお願いする場合とで費用に差があるようです。家を建ててくれた建築会社さんになるべく早めに取り付けをお願いしたほうが安くすむことがあるようなので、購入のタイミングで窓シャッターの導入を検討しているなら「付けるか、付けないか」は早めに決めたほうが良いかもしれません。

窓シャッターの開閉タイミング、みんなはどうしてる?

tumblr_ntvw8et6hF1slhhf0o1_1280

窓シャッターのある家庭ではどんなタイミングで開閉をしているのでしょうか。ちょっと調べてみました。すると…

  • 「昼間は家族全員外出してるから平日は閉めっぱなし。土日の昼間だけ開けてる」
  • 「夏だけ遮熱の意味で閉めてる。でも面倒になって2年目で全部電動に変えた」
  • 「防犯よりプライバシーの意味で1階の道路に面した窓はシャッターを下ろしてる。家の中が丸見えになっちゃうので」
  • 「昼間は開けてて夜に閉めてる。帰りが夜になるときは昼間も閉めてる」

などなど開閉のタイミングはさまざまでした。でも昼間は窓シャッターを開けている人が多いようですね。

まとめ

窓シャッターを付けるかどうかで悩んでいるのは「安全・快適に暮らしたい」からではないでしょうか。わが家はもともと付いていなかった2階部分に窓シャッターを付けてみて、費用を考えても付けて良かったと思っています。

何十年も住む家なので少しでも快適にしたいという気持ちは大切にしていきたいな~と思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です