トイレの水が1時間ずっと流れ続けている件。タンク内の確認作業は4つ

トイレを流したあと、いつまでたっても水が流れ続けていてすごい怖い思いをしました。つまっているわけでもないのになぜ流れ続けるのか。改善法を調べてみました。

少量の水がずっと流れ続けている

トイレから出てまた30分後にトイレにいったら前回流した水が流れ続けていることに気づきました。つまって逆流している感じではなく、ただただ少量の水が流れ続けている状態。

実はこれ以前にもなったことがあったんです。そのときは40分ぐらい流れ続けていて自然に止まりました。今回も多分止まるだろうと思いながら、さらに30分たっても止まらない。

どうしよう。このままだったらどうしよう。

そう思ったところで水が止まりました。

とりあえずトイレの仕組みを知ろう

トイレの仕組みを分かりやすく伝えてくれているのはこちらのサイトです。

・町の水道修理センター

↓ ↓ ↓

https://0120656889.net/toilet/toilet12/

こちらの「トイレの水が流れる仕組み」のイラストを見ると、タンク内部の構造とそれぞれの役割が理解できます。

で、水が止まらないときは「止水栓」というのを締めてレバーをひき、1度タンク内の水を空っぽにする必要があるそうです。

「便器内に水がチョロチョロ流れ続ける」原因は?

わが家の場合は便器内に水がチョロチョロ流れ続け、ついでに手洗い管からの水も止まらない状態でした。なので、その状態で考えられる原因と対策についてまとめてみました。

タンク内の確認作業4つ

・レバーの鎖の絡まり

→絡まりをとく、老朽化していれば交換

・ゴムフロートのズレ・劣化

→正しい位置に直す、交換

・ボールタップのゆるみ、故障

→接続部分の締め直し、交換

・オーバーフロー管の破損

→交換

主に上のような4つの対処で解決することができそうでした!

ほったらかしでなおるのでメンテ・確認作業が先延ばしに…

とはいっても 1時間くらい流れ続けると、自然に止まってしまうんですね。そのあとは普通にトイレが使えるようになってしまうので

「もう大丈夫だろう」

と不具合を確認する、あるいはメンテナンスをしなくなってしまうのです。ずぼらな自分に腹が立つ…。

トイレの水がまた止まらなくなったときは、この記事の出番!上にあげた4つの項目をチェックしてみたいと思います!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です