超ド級の素人が「+5%」の利回りを目指して投資信託を始めます!

完全に備忘録なんですが「老後、不自由なく暮らしたいなぁ。たぶん年金だけじゃ無理だろうなぁ」と思い立ち、なんか良さそうという根拠のない理由で投資信託についての勉強を始めることにしました。この記事はその第一弾です。私ほど金融知識ゼロな人はいないと思うので、ほんのひまつぶし程度に読んでいただけると光栄です。

日本って、他の国と比べたら「安全資産」の部類みたいです

金融知識がろくにないくせに「FX」と「日本株」の取引はしたことがあります。結果、FXは大損、日本株は興味本位で買った株が値下がりしてすぐ売り飛ばし…。自分には向いていないんだなぁと思い、20代前半以降(今、30代前半)手をつけていません。

ある本を読んでみたところ「リーマンショックで世界の金融市場が混乱したとき、世界の投資家が安全資産として買ったのは円」だったそうです。日本は他の国と比べたら、安全パイみたいな位置づけと考えられているんでしょうか…。なんか勝手に誇らしくなりました。

投資は銀行じゃなくてネット証券でやろう

投資信託に関する本をいろいろ読んでいますが、どの本も「ネット証券」での購入をすすめています。この理由はとにかく手数料など余分なお金がかからないからのようです。

これから始めようとしている身分なので、投資に必要な銀行の手数料がとれくらいかは分かりませんが、とにかくばか高いらしい… ということだけは感じています。実は私、すでにネット証券に口座をいくつか開いていたので、すでにスタンバイ済みでした。

今から気になるネット証券に口座を開くという方は、講座の新規開設でポイントがもらえるサイトなどがあるのでそちらを経由してからだとお得になりますよ!

お金の運用は「複利」でする

単利と複利。この言葉すら知らなかった私です。「単利」は100万円を20年間、年5%の利回りで運用した場合、100×0.05×20で100万円の金利が発生します。

一方「複利」は最初の年に発生した金利の5万円を次の年に繰り越して運用します。だから2年目は105万に対して利回り5%になります。それを20年繰り返すと、金利だけで165万円が発生することに……。

すなわち「儲けたお金は引き出さず、運用資金に回していく」ということのようです。どう考えても複利やろ! と思ってしまいますが、「今を楽しむためのお金も欲しい」自分もいるわけで……。何を大事に考え、いつ、どう使うかも投資をするなら考えておきたいところですね。

こんな感じで第一弾の記録は終わりです。第二弾は投資信託含め、投資商品のまとめを記事にするつもりです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です