【追記あり】店舗購入!ソファ代わりに「Yogibo(ヨギボー)」を買ってみた口コミ!

IMGP2191

yogibo(ヨギボー)でソファ代わりのクッションを買いました。アメリカからやってきて1年という、ビーズ素材のクッション、ソファを展開するヨギボー。その座り心地と、わが家での使用風景についてご紹介します。購入したのはMax(マックス)とRoll(ロール)の2つです。

「ソファなんて不要」と思っていた嫁、ヨギボーと出会う

IMGP2110

家を建てたときから「ねえ、いい加減ソファ買おうよ」と夫にいわれていましたが、すき間にごみが集まる、汚れたカバーを洗うのが面倒、下が掃除できない、部屋に圧迫感が増す…。このような理由からソファNGをだしつづけてきた私。

しかし、数日前にショッピングモールでyogiboと遭遇。いろんなメリットを感じ「これは、ありなんじゃないかか…?」と購入を検討。無事にわが家にヨギボーという名のソファクッションがやってくることになりました。

アメリカ発「動けなくなる魔法のソファ」ヨギボー!

IMGP2114

無〇良〇の「人をダメにする」ソファが話題をよびましたよね。ヨギボーもそれとちょっと似てます。

違うのは、ただのビーズソファと思いきや、アメリカで特許申請中(済みじゃない)の技術で、どこから座っても体にフィットするようになっているところ。座ると、ちょっと沈み込んでそのままかたまるようなイメージ(無〇良〇のはもっとやわらかい気がします)。

IMGP2119

わが家は子どもが1人の3人家族ですが、3人が横並びでそのまま座れるビーズソファは初めて見ました。

このソファを選んだ最大の理由は「女性の力で楽に持ち上げられる」ところ。

だからどかして掃除ができます。さらに立てたまま、よいしょと座ると1人用の贅沢イスにもなるんです。自由自在に変形できるのがヨギボーの最大の特徴といえます。

カバーが簡単にチャックで外せて洗えるところも気に入りました。普通のかたいソファーだとカバーが外せるのは知っていても「外して・つけなおす」という手間が嫌で「ファブリーズしとけばいっか」となってしまうと思うんです。

子どものよだれ汚れや土汚れがソファにつくのがどうしても気になるので、手間なくカバーが外せるのやわらかい素材のヨギボーが私にはささりました…!

ヨギボーのメリット・デメリットをまとめると…

ヨギボーのメリットをまとめてみると…

  • 立てれば1人用イスに、寝かせれば3人掛けソファーに変形可能
  • 持ち運びができる(女性の力でも可能)
  • カバーが1分でとりはずせて、3分でつけなおせる
  • やわらかそうな見た目に癒される
  • 簡易ベッドにできる
  • よりかかって熟睡しても体が痛くならない

デメリットは

  • 肘掛がない
  • ビーズでできているのでへたりやすい
  • 価格が高め
  • 一度座ったら起きるのが面倒になる

でしょうか。



ヨギボーの使い心地と、家族それぞれの座り方

IMGP2116

わが家が購入したのはYogibo Max(29,800円)とYogibo Roll(15,000円)。Max(マックス)だけだと背中で寄りかかれないし、壁につけて寄り掛かったとしても背中が痛いので、Roll(ロール)を背もたれ代わりとして購入しました。

ここからはわが家のメンバーとヨギボーとのふれあいについて紹介していきます。

まずは通常スタイル。

IMGP2148

大体、寝転んだ状態で背中~顔だけもたれかかっている姿勢が、わが家ではどのメンバーも多いです。

変形スタイル①

IMGP2159

ちゃんと座る。

座ると、中がビーズなため、座った位置よりは低くなります。これは、座る人数が多くなればなるほど中のビーズが「ぎちっ」とかたくなり、座ったときの高さを保てるようになります。

変形スタイル②

IMGP2163

125cmの子どもが寝るとこんな感じです。完全に脱力系の寝姿になります。

変形スタイル③

IMGP2169

身長167cmの大人が寝るとこんな感じです。全身を預けられるので、熟睡も可能です。

変形スタイル④

IMGP2180

縦にすれば、1人用のゆったりソファーとして座れます。

yogibo、ごくろうさまでした…。

リペア(カバーの洗濯・乾燥&ビーズの補充)は有料!

ビーズクッションって個人的に「すぐへたれる」という不安がありました。だから購入前にスタッフさんに「へたれたときは?」という質問をしていました。ヨギボーでは要望に応じてインナービーズの補充をおこなってくれるそうです。「おお、それは安心だ!」と思ったのもつかの間、しっかり料金かかります。

Maxだと15,000円、Rollだと7,500円。この金額でアウターカバーの洗濯、乾燥もあわせてやってくれるそうですが、にしても高いっす。少しでも安くリペアしたいなら1500g、4800円で補充用ビーズそのものの販売もありますが…。お店のお姉さん、金額まではいってくれなかったなぁ。高いもんなぁ。

どれくらいでへたへたになってくるかは、これからみていきたいと思います…!

IMGP2156

(追記)ビーズのにおい問題勃発!

座っていると「なんかにおうなぁ……」と思うところがあり、そのにおいがなんというか化学薬品ちっくだったので気になって公式サイトから問い合わせてみました。

すると数時間で連絡があり、

  • ビーズ素材の発泡スチロールのにおいであること
    食品容器にも使われている素材なので、 人体に害はないこと
  • 新しいビーズ特有のにおいは、数日~約1ヶ月ほどで徐々になくなること(説明書に記載あり)
  • ビーズのにおいを消す方法として風通しの良い場所に置くか、アウターカバーを外し天日干しをする方法があること
  • ファブリーズなどの消臭剤もおすすめすること
  • 上記を試しておいが消えない場合は連絡がほしい

上記回答をいただきました。

(さらに追記)

1か月ほど様子をみたところ、においが気にならなくなりました! ちょっと時間(1か月)をおけば大丈夫なようですが、苦手な人は購入前に店舗に何度か通って「におい」の部分を確認してみるといいかもしれませんね!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. あさこ より:

    初めまして、yogiboの購入を検討しているのですが、rollの色は何色を選んだんですか?
    サイトの色と見比べてもよく分からなかったので(^^;)

    • YASU より:

      あさこさん

      こんにちわ!
      ブログを読んでいただき、ありがとうございます。

      yogiboの色は、大きいほうがネイビーで、長細いものがワインレッドだったかなと思います。
      参考にしていただけるとうれしいです^^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です